第46回演奏会

 

日立システムズホール仙台
コンサートホール 

  『会場のご案内』(リンク)

日時 2021年12月12日(日) 14:00 開演(13:00 開場)

入場無料 全席自由(定員400名)

お問合せ 仙台シンフォニエッタ事務局


プログラム
A.ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
A.Dvořák, Cello Concerto, Op.104
J.ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 作品98
Johannes Brahms, Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98


出演
指揮 日比野裕幸さん(宮城教育大学 教授)
チェロ独奏 吉岡知広さん(仙台フィルハーモニー管弦楽団 首席チェロ奏者)
仙台シンフォニエッタ
『指揮者・ソリストのご紹介』(リンク)









  • 【演奏会の写真⑤】

    アンコールは、ドヴォルザーク「スラブ舞曲第10番」を演奏しました。
    冬の静けさを感じられる、余韻の残るプログラムをお楽しみいただけたのではないでしょうか。

    次回第47回定期演奏会は7月18日(祝)、仙台市太白区文化センター《楽楽楽ホール》にて開催予定です。今年も皆さまにお楽しみいただける演奏会の開催を目指して、団員一同励んでまいります。
    2022年の仙台シンフォニエッタもどうぞよろしくお願いいたします♫
    第46回演奏会アーカイブはこちらから。





  • 【演奏会の写真④】

    年を跨ぎましたが、第46回定期演奏会の後半の様子をご紹介します。
    演奏会第二部はブラームス交響曲第4番を演奏しました。
    ブラームスの交響曲を演奏するのは、2013年の第30回定期演奏会以来約8年ぶりです。
    これまでの演奏会の中でも特に難易度の高い楽曲のうちのひとつでしたが、日比野さんの指導力と、心強い大勢のゲストの皆さんのお力をお借りしてプログラムに加えることができました。改めて御礼申し上げます。

    ブラームスの交響曲第4番は、仙台フィルハーモニー管弦楽団の5月定期演奏会でも披露される予定です。
    とても素晴らしい楽曲ですので、そちらもぜひご注目ください。





  • 【演奏会の写真③】

    演奏会の第一部を終え、舞台裏に戻ってきたお二人。
    こちらの写真は当団の副代表が演奏終わりに、上手から下手に速やかに移動し撮影しました。笑顔がとっても素敵なナイスショットです。
    このあと休憩を挟み、吉岡さんはチェロセクションに加わり、ブラームス交響曲第4番を団員と共に演奏してくださいました。





  • 【演奏会の写真②】

    “肘タッチ”の瞬間を捉えたこちらの写真は、写真家の今田亨さんよりご提供いただきました。 
    今田さんは【仙台クラシックフェスティバル】など各種演奏会でも撮影を担当されていて、当団とは、コントラバスセクションにゲストでご参加いただいた青田誠一さんを通じてご縁ができました。
    たくさんの写真をご提供いただき、誠にありがとうございました。団員にとっても形に残る、特別な演奏会となりました。





  • 【演奏会の写真①】

    演奏会の撮影を担当してくださった元団員の野村興保さんより、写真を頂戴しました。いつもありがとうございます。
    当日は休団中の団員や元団員らも応援に駆け付け、多くの皆さんの力をお借りして演奏会を無事に開催することができました。





  • 『二度目の共演』

    12月5日(日)、ソリストの吉岡知広さんから、演奏会に来場予定の皆さまへメッセージを頂きました。
    「シンフォニエッタはアットホームなオーケストラですので、当日は是非リラックスして演奏をお楽しみください。」

    今週末、いよいよ演奏会本番を迎えます。当日はどうぞ暖かい服装でお越しください。
    団員一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。





  • 『シンフォニエッタらしく』

    11月28日(日)、朝晩は冬の到来を実感する寒さとなりました。 練習会の休憩時間、指揮者の日比野裕幸さんに今回の演奏会の見どころをお伺いしました。
    「シンフォニエッタらしい、味わい深い響きをお楽しみください。」 演奏会まであと14日です!

  •